Facebook instagram
KIYA-CO.JP

BLOG

ブログ

座卓改造テーブル 後編 | キヤアンティークス
From Factory

座卓改造テーブル 後編

最近和室の無い家が増えているためか、代替わり等で不要になった座卓を下取る機会が多く、キヤアンティークスの座卓の在庫が近年増えてきています。

素材や造りはヨーロッパのアンティークを凌駕するポテンシャルを秘めているものの、いかんせん使い勝手が現代の日本では難しいため、いろいろ考えた末、久々に実験的に加工してみることにしました。

今回は第2弾、どちらかと言えばこちらが本命の実験です。

 

 

前回よりグレードアップして、花梨の無垢材で造られた座卓てす。

 

唐木の無垢材を使ったテーブルは、新規で製作すると法外な値段が付くはずなので、座卓をリメイクするのは良いアイディアだと思われます。

脚や幕板にも装飾が有り、これらを破棄する事は出来ないので、前回の様に天板を乗せ変えて完成という訳にはいきません。

まずは通常の修理。

 

 

座卓の素晴らしい彫刻を、付け足す脚のデザインに取り入れることは不可能なので早々に諦めて、定番の製作テーブルの脚を任意の長さで継ぎ足す事にしました。

 

せっかくなので材木にも拘りたい所ですが諸事情によりまた次の機会に。

 

脚を継ぎ足す以上、強度を稼ぐために、脚元のストレッチは必須ですが、これも含めて寸法に少しでも狂いがあると、うまく合体できないので、長さはもちろん角度などの歪みも含めて全ての精度に注意が必要です。

 

 

継ぎ手は印籠継ぎ、旋盤とドリルで作れるのである程度の精度と強度が見込めます。

 

 

固定方法は、これもやはり実験ですが、座卓側の脚にナットを埋め込み、脚先から長いボルトを貫通させて固定する方法にしました。

敢えて接着しない事により、将来的には比較的簡単な作業で、また座卓に戻す事も可能です。

 

 

今回は、本体と継ぎ足す脚の仕上げは似せた質感にしてみました。

そもそも素材が違うので、色と艶気に限りますが、この辺りの仕事はいつも通りに。

 

塗装完了後、組付けて完成です。

 

 

座卓の構造はは大きく分けて今回実験した2タイプに分類出来ると言えます。

 

ご自宅に破棄出来ないのに使う機会が無い座卓を持て余しているようでしたら、キヤアンティークスでライフスタイルに合った加工を施します。

写真を添えてご相談頂ければ、ご希望をお伺いした上でお見積もりさせて頂きます。

 

今回のテーブルは、それぞれ

縞黒檀テーブル
パインリフェクタリー脚 ペンキ仕上げ テーブル本体代金込み

¥100,000(税別)

花梨テーブル
パインリフェクタリー脚 同色染色 ラッカー仕上げ テーブル本体代金込み

¥150.000(税別)

 

どちらも藤沢店で展示販売中です。

Shere
Tweet

Back to Page
アンティークについて・購入ガイド
KIYA ANTIQUES 会員様は1年中5%OFF PINE TABLE
Now Loading...