Facebook instagram
KIYA-CO.JP

BLOG

ブログ

座卓改造テーブル 前編 | キヤアンティークス
From Factory

座卓改造テーブル 前編

最近和室の無い家が増えているためか、代替わり等で不要になった座卓を下取る機会が多く、キヤアンティークスの座卓の在庫が近年増えてきています。

素材や造りはヨーロッパのアンティークを凌駕するポテシャルを秘めているものの、いかんせん使い勝手が現代の日本では難しいため、いろいろ考えた末、久々に実験的に加工してみることにしました。

 

第1弾は、定番の製作テーブルの脚を利用して天板をスワップさせたテーブル。

 

 

元は天板の裏に脚が差し込んであるタイプの座卓です。

突き板細工ですが、貼られてる板は超高級素材の縞黒檀です。

座卓のままだと使う機会がどうしても限られるため、ダイニングで使える様にモディファイします。

 

 

オリジナルの脚は外すだけなので特に苦労は有りません。

キヤアンティークスオリジナルテーブルの脚だけ造ります。

 

 

取り敢えず乗せて見ます。

 

 

これから脚の塗装に取り掛かる訳ですが、通常の修復や製作では、天板面より脚の方を濃いめに仕上げるのが定石です。

素材が違う上に天板は何しろ黒檀ですから真っ黒な訳です。脚も天板と同レベルに真っ黒にして良いのだろうか?

実は色と仕上げの質感は最も考えさせられた作業でした。

色と艶気を天板と合わせる事も可能でしたが、敢えてトリッキーな、水性ペンキの塗りっぱなしの仕上げを採用しました。

 

 

天板はクラックは有ったものの、オリジナルの塗膜が強かったので、オーバーウレタンで仕上げました。

 

 

製作した脚に質の良い天板を乗せただけのテーブルなので悪くなるハズも有りませんが、仕上げには好みが別れるかも知れません。

実際スタッフ間では賛否がありました。いずれにしても座卓のままより需要が有りそうです。

藤沢店で展示販売中です。

第2弾に続く。

Shere
Tweet

Back to Page
アンティークについて・購入ガイド
KIYA ANTIQUES 会員様は1年中5%OFF PINE TABLE
Now Loading...